« 2006年12月1日 | トップページ | 2006年12月3日 »

2006年12月 2日 (土)

息子が泣いた

12月1日(金)

今日は奥さんが今回日本に来てから初めて怒鳴りました。

大学のときの友人(男)から電話。
それが終わると奥さんがおばぁちゃんかと質問。

「いや、大学の友達だよ。」

来週大学の頃の友人たちと久々に会うことになり、その件を先週のうちに奥さんには伝えておきました。
改めて時間と場所の連絡があったのですが、そのことを奥さんに告げると、

「何でうそつくの、女の声が聞こえた!!!」

「男だよ。」

「・・・・・・・・・・私は行っても良いとは言ってない!!!」

「でもこの前オッケーっていったじゃん。」

「言ってない。女が来るんでしょ」

「一人(当時マネージャー)だけだよ」

というといきなり携帯電話を投げつけられました。それが頭に当たり、とてつもなく痛い。
そこで思わず怒りました。我慢できませんでした。とりあえず携帯電話を投げ返して壊れるとなんなので、目に付いたプラスチックの小さい箱を投げました。しかしそれはあたらず。
次に息子のおもちゃの携帯電話を投げつけました。
それに対して奥さんの得意な「チケット買いなさい!!バンコクに帰る!!!」

でたでた。これでなおさら私は怒る。

「なんなんだよっ!!・・・・・・・(省略)」

そのときは息子を抱っこしていたのですが、状況が普段と違うからか、息子が泣き始めました。
とりあえずそこで私は寝室へ行き、息子を落ち着かせました。
その後は少しの間変な雰囲気でしたが、今はいつもと同じような感じです。

しかし、携帯があたったところが痛い。コブができてる。コブなんてこの歳になってできるものか???

息子よ、ごめんな。ビックリしたよな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年12月1日 | トップページ | 2006年12月3日 »