« 2006年11月28日 | トップページ | 2006年12月2日 »

2006年12月 1日 (金)

中1自殺:母の命日に「生きるのに疲れた」

先日このような事件が起きた。
14歳で生きることに疲れたというのはどういうことだろう。もしかしたら人生の半分も楽しいことを知らない年齢じゃないだろうか。おそらく自殺を選んだということはそれなりのことが今まであったのだろう。

人によって物事に対する辛さというものは違う。
他の人から見ればそんな事はぜんぜん大した事じゃないと言うことでも、本人からしてみればどうしようもないくらいの思いになることもある。
私の友人からタイの子供たちでもいじめやなんだで自殺することはあるのかという質問を受けた。奥さんにはまだ聞いていないからわからないが、おそらくそんなにないであろう。
ちょっとググってみてもそれらしきものは出てこない。まぁ、日本語では出ていないだけかもしれないが・・・。

タイトルの事件に戻ると、、、

この自殺はいじめによるものではないようだが、背景にとてもドラマのようなものを感じてしまう。母の命日に・・・・少年は何で死んだんだろう。。。

気がるにショッピング~必要なものだけ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年11月28日 | トップページ | 2006年12月2日 »