2020年5月 4日 (月)

青春時代

ふと思うことがある。

青春したいなぁと。

自分自身、青春ってって考えると、
高校生くらいからの恋愛になる。

誰しもそう思ったりするのだろうか。
40才を過ぎた男が、または女性が青春時代と言われることを思い出すのだろうか。

やはりいくつになっても恋をしたいというか、
心が震える、感情がこみ上げるような思いをしたいのだろう。

まぁ、結婚しているならそれを奥さんや旦那さんに求めてくださいというところだろうけど。

まぁ、そうじゃないからほかに求めて、結局不倫と言われることになるんだろうなぁ。
ただ、不倫となると子供には話せないことだからやっぱりやるべきではないと考えているけど。

ただ、青春といわれる時代をもう一度生きたいものだ。

| | コメント (0)

2020年4月27日 (月)

続く在宅ワーク

コロナウイルスの影響で仕事は在宅ワーク、子供も在宅。
小学校は8日まで休みで、翌週の月曜日から始まる予定・・・そう、予定です。

私としては、仕事もこのままずっと在宅・・・・5月末まで在宅にしてほしい。
だんだん感染者の数が減ってきて、「もういいんじゃないか」という雰囲気になっていきます。
それがこわい。

1か月前と今でそんなに状況がかわったか。
実際悪くなっているのではないかと思う。

少し前に話題に出ていたが、町中をマスクなしでジョギングしている人、それはやめてほしい。
「自分も感染しているけど無症状なだけ」という感覚で生活してほしい。

| | コメント (0)

2020年4月13日 (月)

父の最期

今はコロナウイルスの影響で、在宅ワークになっています。
娘も学校はゴールデンウィークまで自宅待機になりました。

そういえば、父親のことをほとんど書いていませんでした、

去年から「がん」ということで入退院を繰り返し
年末退院し、正月は例年通り姉家族も実家にきてすごしました。

その時には少しだけ口から食べれるということでしたが、
翌日体調が悪くなり、また入院しました。

結局その入院から実家に帰ることはありませんでした。

最終的には治療をやめ、緩和ケアで最期になりました。

死んでしまう前から仕事には行けなかったので税関係の処理をしていたのですが、
なんだかんだとしているうちに結局死んだ後に確定申告などを終えました。

自営のお店は知人に譲ることにしました。

死に目に会うことはなかったのですが、
死ぬ前日、お見舞いに行きました。その時の姿はほとんど父親とはわからないくらい痩せて、見えていないだろ眼を開けて、なんか、作り物のような、ネット上で見る生き物のような感じでした。生きているか死んでいるかわからない。ちょっと怖い感じの状態でした。

先生のはなしでは、もうほとんど反応のない状態ということだったのですが、
私が声をかけるとうなづいて、手を伸ばしてきました。

そのあと動かなくなったので死んだかと思ったけど、また呼吸し始めました。
今思うと、その時に逝ってしまってもおかしくない状態だったと思います。

お見舞いした翌朝、6時過ぎに姉から電話が入り、父が逝ったことを知りました。

家族からは嫌われ、そのほかの人からは大変好かれたであろう人でした。

最期は家族の8人だけにしか見送られることはありませんでした。

 

| | コメント (0)

2020年3月18日 (水)

とっくに2020年になりました

今年初めてです。

去年の年末は、反省事項を書くこともなく、年始も目標やらなんやらを書くこともなく。

あまりいい感じで始まった年ではないです。

そしてもう3月中旬。
大変な年になっています。

まず、今年の出来事。。。。

と思ったのですがあまり覚えていません。
夫婦仲としては相変わらずうまくいっていません。今すぐにでも別れたいです。

早く永住許可が下りればいいのに・・・でも何の知らせも来ない・・・と思っていたら、数日前に来ました。

「書類追加依頼」

すっごい量の書類を追加で出さなければなりません。

本当に厄介な話です。

話は変わって、私のメインの仕事の一つが中止になりました。

理由は“コロナウイルス”

こいつは中国の武漢から始まった新型のウイルスで、肺炎になる。
重症化すると死んでしまう。
新型=未知のウイルスということで大騒ぎになっている。
1月中は全く話に出なかったのに、2月からなんとなく出てきて、あっと今に広がり、あっという間に仕事が中止になった。

その影響で、小学校などが休みになってしまい、娘が家に一人でいる状態です。
お昼ご飯を作ってあげて、電子レンジの使い方も教えたりしているのですが、一人というのはかわいそう。
学校に行かないので朝起きるのが遅く、元気が有り余っているせいか夜寝るのも遅く。

先日、早く寝なさいと言って布団に入っているときに奥さんがむすめをリビングに呼んでみたり。
それをきっかけにかなり激しい言い合いになった。
子供も泣き出した。

本当にだめです。

子供を悲しい思いにさせるのはだめです。

ごめんなさい。

ちょっと、腹が立ってきたのでここらで終わりにします。

 

 

| | コメント (0)

2019年12月30日 (月)

早く消えてくれないかな

けさ、まだ子供は布団の中にいたが
また言い合いをしてしまった。金のことである。

きっかけは奥さんの「お金ちょうだい」から始まった。

先週から長女が日本に来ていて、ただでさえ金がいろいろかかる年末になっている。
最初は旅行をしようと思っていたが、そんなに娘自体が乗り気ではないので、それをやめて他でお金を使おうと思った。

ディズニーランド:3万を渡した。子供二人に奥さん。私は行かなかった。チケットは別(子供のチケット4900円は窓口で買った。)

次女に聞くと、お菓子のお土産しか買ってもらえなかった。

まぁ、金返せとは言わないけど、結局ふところにおさめたようだ。
夜もあまり遅くならないうちに帰ってきて、しかも電車で。いつもならタクシーのくせに。


まぁ、いろいろあるんだけど、子供にはお金をあげて私にはくれないとか
うだうだ言ってきたので、
人の服から金は盗むし、自分で使ったクレジットカードは払わねぇし、友達に頼まれたといって買ったものの金は払わねぇし、早く金返せよ!!

と言ってやってもまだうだうだ言ってるので、
なんでお前は働いているんだよ、自分のものが欲しくて働いてるんだろ、自分の欲しいものだけ買うためにやってんだろ!だからお前にやるかねなんてねぇんだよ。
タイの娘の学費も払えよ。早く全部金返せよ。

と言ってやった。
そうしたら、娘の学費のことをなんで今言うんだ見たいな切れ方して、 
話題が変わっていった。そして彼女は洗いものもせず出てった。

本当にこいつには1円たりとも渡したくない。

早く消えてほしい。

 

| | コメント (0)

2019年12月15日 (日)

だいっきらい

今日は実家に行かなくてはならない。

大切なはなしだから娘を奥さんに頼んでおいた。


しかし、昨夜から遊びにいって帰ってこない。


私が9時に家を出るといって、奥さんはそれまでに、もしくは10時までに帰ってくると。


しかし帰ってこない。


とりあえず娘も朝ごはん食べたし、一緒にいきたくないというので、図書館に行かせるようにして家を出た。


本当に、あいつは自分のことだけだ。

嘘つきだし、金盗むし。

だいっきらい。


| | コメント (0)

2019年12月 4日 (水)

娘の弁当

小学校の夏休みが終わってからなので9月から11月終わりまで、娘のお弁当を作っていました。
新しいお弁当箱などを買い、なんだかんだと楽しんで作っていました。
といっても冷凍食品がほとんどですが。

いつからか、冷凍食品のレパートリーに変化ないことと、いつも冷凍食品じゃなぁ・・・ということもあり、朝から調理することもありました。
後半は必ず調理したものを入れるようにしていました。

お弁当最終日。
ちょっと気を入れて作りました。
しかし、娘としてはやっと給食が始まるという、そっちのほうが楽しみのようです。
そりゃそうですよね。。。。。

先日の月曜日、ランドセルの中に折り紙に書かれた手紙がありました。
読んでみると、お弁当を作ってくれていたことに対する私への手紙でした。
一番好きだったのはグラタンと焼き鮭とのこと。
両方とも冷凍でした。。。。。

でも、うれしかったです。
お弁当作りって大変ですが、やればやったで幸せな気持ちになるものです。
もちろん、愛情があるからです。

今日は娘のお弁当はありませんが、私のお弁当を作りました。
最近何度か自分のお弁当を作っています。

健康とお金にはお弁当はいいものです。

 

 

| | コメント (0)

2019年11月20日 (水)

出ていくことは忘れてないよなぁ

昨夜家に帰ってから、冷蔵庫を開けたら汚れていた。
何かをこぼしても少しなら拭かない・・・・

結構前からあることなので奥さんに注意した。

そうしたら、
「もう少しで永住許可が出るからそれまでまって」

と。

永住許可が出たら家を出るからということですよね。

わかりました。


少し前に、タイのファミリーがお金が必要だから3万バーツ(約11万円)送ってほしいと。
理由は、親戚の娘の学校の費用が払えない。父親がダメな人で、お金を渡さない。だから、助けてあげられるのはあなたしかいない・・・・。

という感じです。

その娘はちっちゃい時から知っているし、最近は疎遠だけども助けたいという気持ちはあるが・・・

私が助けたとしても根本は解決できず、また同じことを言ってくるような気がする。だって、次の支払いの時にはだれが出すんだよ・・・。

本当か?

奥さんの言っていることが嘘くさい。。。。

とりあえず、年内に返せとは言ってある。
それがダメなら今後一切お金は出さないと。

 

| | コメント (0)

2019年10月30日 (水)

今 君がこの雪に気づいてないなら

今朝は都内各所で霧がすごかったですね。

私も、朝ジムに行ったときはなかったのですが、帰りに霧がすごくて。
思わずウキウキしてしまいました。

ウキウキって。。。。

そして、早く家に帰って娘を起こして教えたいと思いました。

昔、槇原敬之の「北風」という歌があって、

~今 君がこの雪に気づいてないなら
誰より早く教えたい 心から思った~

というのがありました。

数十年前の話で場所も忘れ、何をしている時だか忘れましたが、
雪が降り出したのを見てある人に教えなきゃって考えたことがあることを思い出しました。

やっぱり、大切な人っていうのは・・・・

今は私にとって、娘がその大切な人。
変な意味ではなく、7歳の娘のためにいろいろやる人生だなぁと
まいにち考えているのです。

 

| | コメント (0)

2019年9月22日 (日)

娘のごはん

約1週間出張でした。

家に帰ってみると、

まぁ、散らかっています。これは特に期待していなかった。

娘も飛びついてきてうれしかった。

ご飯を食べたか聞くと、ママがくれたおにぎりが硬くて食べれない・・・と。

見てみたら、冷蔵庫に入れておいたのを出したやつで、しかも賞味期限が切れている。。。。

だからこういうのは許せない。

 

「仕事仕事、私はお金が大切だから仕事をしなくてはならない。」

と言っている割には人に借りている金は返さないし、平気で1か月くらいタイに行って休むし。

 

いろいろ考えると本当にムカついてくる。

 

いつだっただろうか、

「もうあなたからのお金はいらない。全部自分でやる。その代り子供の食費と、タイにいる娘のお金だけは送って」

と。

 

ある意味、独立採算。

それぞれ別のお金で過ごしているといえるよね。

実際にはそうでないかもしれませんが、ある意味契約上はそういうことかと。

 

 

| | コメント (0)

«お金の管理